桜三週間 -Fuji Pro 400H編-

フィルムで振り返る桜、後編です。(前編はこちら
<2週目:さくらひらひら、千鳥ヶ淵付近

lomo Purpleが相当特殊だったので、それに比べてしまえば素直な色。
青空欲しい感じがしますが、完全な曇りだったのでしょうがない。。
とは言え同じ日にデジタルで撮った写真と比較すると、
驚きの白さ、驚きのやわらかさ、という柔軟剤のキャッチコピーが最適な感じになってますw

葉桜の緑色の発色が凄く好きです。
Flexaretで描く木漏れ日の柔らかさは絶対デジタルじゃ真似できないんよなぁ。

lomo Purpleで見る夢は何処か違う時間軸の世界だけれど、
こっちのフィルムで見えたのは、しがらみの全くない純粋無垢な夢。
撮ってた時は色んな事に心絡まれまくりだったので、これはこれで怖い気がしてしまうのです。
素直にわぁきれい!と思える自分になりたい…な…。
ちなみに以前「Fuji Proと同じグリーンが撮れた」って書いてましたが実際は全然違いますねw
現像出してるお店も違うし、今回ハイキーだし、プリント時の青みの加減とかも違うからかな?
一期一会の色との出会いを楽しめればそれで良いです。
<3週目:残り2枚の自由が丘編>
2枚だけ残ってしまっていたので、現像前に撮り切らねば…と写真屋さん近くの桜を撮影。
ソメイヨシノは殆ど散ってしまっていて、代わりに八重桜がぽんぽんしてました。

完全な逆光で撮ってみた結果案の定くすんじゃったんですけど、
それも愛しいと思えるクラカメレンズ。

桜の季節の終わりを告げるピンク色の絨毯と、桜の木に芽吹く新緑。
この後左にちらっと映ってるベンチでフィルムを巻き上げて速攻現像出しにいきました(笑
Dfを購入してからそっちを使いこなせるようになるのに必死で、ちょっと冬眠気味だったフレクさん。
(雪金閣をポジで撮ったのもあるんですけど、ケチってデータ化してないのでブログ書けない…)
漸く両方使える余裕が出てきたので、もう少し使用頻度上げれるかな?と思ってます。
現像した写真を受け取りに行く時のワクワク感は、使い始めて季節が一周巡った今でも全く衰えてないです。
毎回言ってる気がしなくもないけど(笑)フィルム楽しい…
次はどんな景色に逢えるのでしょうか。。
JUGEMテーマ:カメラ

chalee

カメラが好きな人。Nikon Df/ Nikon D3100/Meopta Flexaret IV / PENTAX Q7/ iPhone6/THETA S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。