ものくろでぃずにー2

PhotoCafe打ち上げディズニーシーに、フレクさんことFlexaret IVを持って行きました。
前回フィルム付きカメラでモノクロディズニーした時は、
ご老体を1日振り回すなんて…って書いてたけど持って行きました。笑

わぁ(歓喜)
行くちょっと前にこんなまとめ↓(2ch系のまとめサイトなので注意)があって
自分もクラカメで撮らなければ…と言う使命感に駆られていたのです。
60年前のカメラでディズニーシー撮ったらタイムスリップしててワロタwwwww
前回はカラー現像可のフィルム+プラレンズ、
今回は白黒フィルム+オールドレンズ、と言うわけでまた随分雰囲気が違います。
秋葉原でふらっと入った中古カメラ店で安く売ってた”上海GP3”と言う中国フィルム。(評判が悪い、しかも期限切れ)
レンズの甘さとフィルムの安っぽさの組み合わせが堪らんですね。

インディアナジョーンズの時代設定は1930年代。
タイムスリップしちゃったよ…

想像上の世界を具現化した場所だから、ホンモノっぽいとか当時っぽいって言う表現は可笑しいのかもしれないけれど、
カメラはもしかしたら何十年も前に似たような景色を撮っていたかも。

皆が変わるがわる小屋に入って写真を撮っていた、蝶々が可愛い格子窓。
はじめてこんな場所がある事を知りました。影が絵になるねぇ。

どうやら遮光性が悪いという話通り一枚目は見事に光漏れしていましたがw
人混みが白飛びして、青空が濃く写ってこれはこれで凄く面白い。
狙った表現になった時の喜びも一入だし、更にこういう偶然があるから楽しいです。

最後はこれ、我ながら感動した一枚です!
これをドヤ顔で載せたいが故にブログを書いた節もあったりなかったり(笑)
今にも出港しそうな20世紀初頭感。昔のアメリカの写真ですよと言っても通じてくれるんじゃないかと思います。
鮮明な画像に慣れた私たちは昔の写真って如何にも古めかしいと感じるけれど、
こんな写真でも撮った時に実際見えている景色は鮮やかで、
ファインダーに映る色はとても美しいんですよね。
目で見えるものと、それを写真で撮ったものを忠実に繋げる必要なんてなくて、
ただ両方とも大事にしていきたいなと思うのでした。
JUGEMテーマ:カメラ

chalee

カメラが好きな人。Nikon Df/ Nikon D3100/Meopta Flexaret IV / PENTAX Q7/ iPhone6/THETA S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。