Ektar 東の冬、西の夏

鎌倉撮影会の時に撮った二眼レフ写真をやっと現像したので、
冬が終わる前に載せます。

昭和っぽく撮れるフィルムと私の中で話題のKodak Ektar 100。
どちらかと言うとフジ派なのですけど、Ektarは倍近い強烈値上げの前に箱買いしました。
木の表現が好き。古我邸にはぴったりかと思って。

赤系統の発色が良いと踏んだ通り、お着物が鮮やか。
浪漫な一枚。

で、赤が強すぎるとこうなる…ここまでぎつい色ではなかったはずなのに。。
でもデジタルだとイマイチ撮れなかった花囲いは、素敵に映えました。フィルムのおかげです。

逆光。
窓辺の光が柔らく拡がってくれるのはF古いレンズで撮ったから。
うっすら浮か内壁の茶色が絵画的。
で、ここまでは鎌倉。
実は去年の夏に大阪へ帰った際も、Ektarで撮っていたのです。
ただ現像が結局12月とかだったのでお披露目することもできず。笑
今Ektarを撮ったこのタイミングならいける…!と思い少しばかし此方へ載せます。

夏の景色、向日葵。
そう言えば頭が痛くなるほど日差しの強い日もあったんだなぁ、と。眩しい。

昭和と言えば、、な万博記念公園。
二眼を買ってわりとすぐに岡本太郎記念館で撮影したのがキッカケでより興味を持ったので、
こちらもきちんとフィルムで撮りたかったんですよね。
最近(写真屋まで行くのが面倒で←)現像が遅くなかなかブログにあげられてないんですけど、
合同展も始まったので、ぼちぼち撮る枚数を増やしていけたらと思います。
フレクさん、今回もよろしくやでー。
おまけ。
余ったので部屋の中を一枚。
お昼ならギリギリISO100でも大丈夫だった…!

JUGEMテーマ:カメラ

chalee

カメラが好きな人。Nikon Df/ Nikon D3100/Meopta Flexaret IV / PENTAX Q7/ iPhone6/THETA S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。