えにし

縁切り結びの付き添い?で京都1日旅してきました。(カメラは久々のD3100さん)

dsc_0326-2

店が開く前の花見小路界隈はまだ人がまばら。
11時過ぎると人&車通りが一気に増えて歩きにくいので写真を撮れるタイミングは意外とない…のです。

小路を越えた先、縁切り神社と呼ばれる場所に行ってきました。
まぁ何というか祀られている神様の特性上、恨み辛みのこもった絵馬や形代があちらこちらにあって、これは撮るべきではないなぁ、と言う場所です。(もちろん可愛い願いもあります。修学旅行生一行が微笑ましかった。。)

とりあえず私は今とても良いご縁に恵まれまくっているので、お参りだけ済まして帰りました。
また何か神頼みしたくなった時にお伺いしますよ、と。

dsc_0334

で、こちら近くの佐川急便。
本物の飛脚!ではないですけれど、ビルではなくちゃんとお茶屋の並びに溶け込む佇まいなのです。素敵。思わず入って限定手ぬぐい買ってしまいました。
ぷらぷら散策していて見つけたスポットなので、縁結び効果早速あり?!と思いつつ。

 

更なる出会いがこちら。

dsc_0335

肉!!!!!!2500円のすき焼き弁当!!!うま!!(ひゃぁ

お肉が絶品なのは言うまでもなく、お新香も絶品で。
半個室に通されたものの、カメラをカシャカシャ鳴らすのも申し訳無いなぁ、と思うほどの上質な空間でした。
ふらっと「贅沢しようぜ!!!」と入った場所だったものの、夜は嘗ての総理大臣が会食に使った店だったそうで…棟方志功の版画を始め巨匠の作品が飾られていたとか…ぜ、贅沢…

dsc_0340

2階への階段を上り、半個室に通されるまでの廊下。お茶屋を改装した佇まい。テンション上がらざるを得ない。
(でも煩くすると雰囲気を壊すのでぐっとこらえる)
京を存分に感じられる場所でした。

十二段家 本店です。夜の値段はアレですが、お昼に京都花見小路へお越しの際は是非に。

 

dsc_0348

そして何となく思いつきで一度行ってみたかった伏見桃山の酒蔵へ。
月桂冠とか黄桜とか実は有名どころの蔵が並ぶのです。
有名どころの観光スポットと違って、人が少なくて良い感じ。
そして昼から日本酒の試飲をしてきました。素晴らしい休日。

dsc_0358

小川に遊覧船も通っていました。春になったら川岸に桜が咲くそう。
一本隣へ行くと完全に普通の住宅街なんですけどね、ここだけ少し不思議な空間。

dsc_0367

わりと近くに友人や後輩が住んでいて遊んでいた辺りなのですが、こちら側には全然来た事がありませんでした。
京都に通っていながら知らなかった…不覚。
もう大人の楽しみが出来るようになったのだ、と思っておきます。

dsc_0376

伏見稲荷はすごい人。
酒屋で出会ったおっちゃんが「あそこは日本人2割しかおらんで!」と言っていてまたまたご冗談を…と思っていたらホンマでした。外国人しかいないですがな。。(そしてカメラを頼まれる一眼レフ持ち)

dsc_0388

ガヤガヤ。しっとりした雰囲気を楽しむには早朝しか選択肢が無さそうですね。
千本鳥居好きなんやけどなー。
夜、はガチで何か出そうで怖いのでやめときます…

dsc_0403

基本的に最初以外大した目的地もなく、ふらふら思いつきツアーでしたが、大体何処に行っても素敵な何かに出会えたのは、きっと神様がつないでくれたご縁なのでしょう。

あまりにも事が善く運んだ日だったので、友人の願いが叶う気しかしないです。

まずは、立ち止まらず、臆する事なく自分で見つけて拓いていく事。それが縁。

 

良い事言いつつも、新幹線ギリギリにもかかわらずラーメンに並び、無言で速攻で食した後抹茶アイスを新幹線に持ち込む…と言う最後まで食に妥協しない美味しい旅でした。笑

chalee

カメラが好きな人。Nikon Df/ Nikon D3100/Meopta Flexaret IV / PENTAX Q7/ iPhone6/THETA S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。