ことしの桜は。 -大阪編-

すっかり桜も散って初夏めいてきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

他の皆様の桜ブログなどですっかり満足してしまっていて、
自分の桜写真一切放出していなかったので、今更春を振り返ろうかと思います。

まずは大阪編(4/1)
撮る気満々で帰ったものの、ほとんど咲いてませんでした、ええ。笑

でもその代わり、咲く瞬間の美しさをかつてないほど堪能できた気がします。
いち早く咲いた花たちが、こぼれる光を独り占め。

モノクロ設定にはしないで、敢えてカラーで白黒っぽく。
わぁっと華やかなイメージの桜ですけど、時には水墨画を描くような気持ちで撮ってみるのもまたオツだなぁと思いました。

若い枝には力いっぱい大きな一輪。
ささやかながら、新しい命おめでとうの気持ちを込めた一枚です。
素敵な花の名。

 

この前日にうっかり衝動的に広角24mmレンズを買いまして。
よっしゃー、初撮りするぞ!!と気合を入れて付け直しました。

で、この写真。

桜どっか行った…。笑
かつてない広々とした世界。(写真はこんなんでも)楽しい!

こちらは大阪は四天王寺。
寺といえば京都ですが、大阪の街中にも実はあるのですよ。観光客の人もちょくちょく見かけて、穴場っぽい感じになっておりました。
咲き始めを堪能したとは言いつつ、この写真だけはもっと咲いてて欲しかった…かな。。

ピンクの枝垂れ桜越しの世界は、ちょっと現世離れした雰囲気。

開放F1.8で結構寄れるので広角でも綺麗にボケるんですよね。
DX設定だと38mmだし…ほう、このレンズはなかなか奥が深いぞ…

フォント…じゃなくて書体というべきか。南無阿弥陀仏の文字が何だか可愛いのです。
意味を知りたくてホームページを訪れてみたら、わりとフランクな寺ブログを見つけました。笑
夏は蓮の花が綺麗らしいのでこれは是非行ってみなければ!

ちなみにこちらのブログ様で各文字のアップ写真を見つけました。
大工道具フォント……だと…?

 

 

あ、ここから先は桜は無しで広角街中散策です(タイトル詐欺w)

なんか台湾っぽい(笑)
奥の渋い建物は大阪有数の名門男子校だったりします。

たまにはベタに、OSAKA。日立タワー(通天閣)

ベタに大阪その2。あべのハルカス!

よく撮る場所を、新しい画角で。
これまで広角レンズは「そんな広々とした美しい景色を撮りたいなら私じゃなくプロのカメラマンに任せれば良いし…」とひねくれMAXで使ってこなかった私ですが(笑)、これはこれでまた面白いもんやな、と。
今年度もまた、色々遊べそうです!

次は翌週、千鳥ヶ淵編へ。

chalee

カメラが好きな人。Nikon Df/ Nikon D3100/Meopta Flexaret IV / PENTAX Q7/ iPhone6/THETA S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。